開場までのカウントダウン企画 Vol.2|飲食店・物販店のご案内

【豊洲市場】飲食店・物販店のご案内

10月11日の豊洲市場の開場まで、あと2ヶ月になりました。いよいよですね。
そこで今号のカウントダウン企画では、飲食店と物販店の現状をリポート。
一般のお客さまがどんな飲食店で食事ができるのか、そしてどんなお店で買い物ができるのか、
市場内で店を構える全ての飲食店と商店が所属する組合の広報のお二人に、その概要を伺ってきました。
東京湾岸エリアにお住まいの方は、今からしっかり予習して開場の日に備えましょう。

【飲食】築地場内から39店舗が移転。プロの食堂グルメがやってくる。

皆さんは築地から豊洲へ、どんな飲食店が移転してくるのかご存じでしょうか。

もしかして、豊洲市場はプロだけが場内に入れる閉鎖型施設だから、飲食店街も一般の人は入れないのではないか、なんて勘違いされていませんか。そんなことはありません。築地市場内でプロの舌を唸らせてきた老舗39店が、そっくり豊洲に移転してきます。

その内訳は、15店のお寿司屋さんを筆頭に、和食や洋食、中華にとんかつ、うなぎ、喫茶などバラエティに富んだ名店がずらりと勢揃いします。
場所は水産仲卸売場棟3階に22店舗、管理施設棟3階に13店舗、そして青果棟1階に4店舗が入居予定。
どのお店も味は折り紙付きだから、それぞれで食べ比べをしてみるのも楽しそうですね。

【物販】築地市場内外から約70店が集結。プロの専門店街が誕生。

豊洲市場に移転してくる物販店は、築地市場内で長年商売を続けてきた既存店に、新規参入する9店舗を加えた約70店が予定されています。

扱っている商品は大きく分けて食品関係と荒物関係があり、そのすべてがプロの目利きにかなう専門店ばかりです。
もちろん一般利用できる商品として、食品なら削り節や乾物、漬物、玉子焼き、荒物なら包丁や調理器具、陶器、長靴・衣類、雑貨などが購入できます。

店舗の場所は、水産仲卸売場棟4階のワンフロアに約70店舗が集結。
まさに壮観な専門店街が誕生します。
普段通っているスーパーではお目にかかることのできない、プロが目利きした、プロのための商品に出会えるお店。
それが豊洲市場内プロショップ・魚がし横丁の魅力です。

プロのための市場で観光地ではない。その点だけわきまえて楽しみたい。

豊洲市場に移転してくる飲食店・物販店は、一般のお客さまも大歓迎してくれるでしょう。
ただし、ひとつだけ心得ておいていただきたいことがあります。
それは、豊洲市場は魚や青果を売り買いするプロのための施設で、それに付帯する飲食店・物販店もプロの利用を第一の目的としていることです。
だから、プロの方を優先に、なるべく邪魔にならないように訪れましょう。

特に気を付けたいのが、早朝のプロの買い出し時間をさけること。
大勢で横に広がって歩くのも厳禁です。
これさえ注意していれば、情に厚い河岸の人たちは一般の方も快く迎えてくれるでしょう。
なお、市場には一般用駐車場がないので公共の交通機関をご利用ください。

豊洲市場の店舗一覧

【注意】市場内には一般用の駐車場はありませんので、かならず公共の交通機関をご利用ください。
※掲載の店名は、豊洲移転後に変更になる場合もあります。

【写真・左】
築地商業協同組合
副理事長・広報担当 伊藤 嘉奈子さん
築地市場にある物販専門店街が豊洲市場に移転します。
それぞれのお店が独自販売しているので、たとえば同じわさびや乾物でも店によって違うものが用意されていることがあります。
一般の方たちにとってもプロの目にかなう専門的な品揃えは、興味深く映るのではないでしょうか。ぜひ各店舗自慢の商品をお試しください。ご来場時は作業の妨げにならないようお願いします。
【写真・右】
東京中央市場飲食業協同組合
広報 澤原 めぐみさん
豊洲市場には飲食店が39店移転しますが、それぞれのお店が特色を色濃く出しています。
たとえばお寿司屋さんにしても、仕入れ先や手間のかけ方、スタイルが違うので、ぜひ食べ比べを楽しんでください。
ビジネスランチと比べると、ちょっとお高く感じるかも知れませんが、決して損はさせません。
同じものを外で食べたら倍はしますから、安心してご堪能ください。
<10月4日東京都発表> ※一部抜粋
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/press/2018/1004_2.html

一般の方は10月13日(土)午前10時から、場内の飲食店舗、物販店舗及び見学者通路をご利用いただけます。

<飲食店舗の場所>
5街区1階、6街区水産仲卸売場棟3階及び7街区管理施設棟3階
<物販店舗の場所>
5街区1階、6街区水産仲卸売場棟4階

【ご利用時間】
10月13日(土)は午前10時から午後5時まで。
10月15日(月)以降は市場開市日の午前5時から午後5時まで(飲食店舗・物販店舗は各店舗の営業終了時間まで)です。
日曜日、祝日その他市場がお休みの日はご利用いただけませんので、ご注意願います。
ご利用に当たっては、開場間もない新しい市場での業務運営にご理解、ご協力をお願いします。
なお、一般の方の卸売場及び仲卸売場への立入りはご遠慮願います。
また、見学者用の駐車場、駐輪場のご用意がないため、お越しの際は公共交通機関(路線バス、ゆりかもめ)をご利用願います。
市場周辺道路に乗用車や観光バスを駐車してのご来場はご遠慮ください。

<マグロ卸売場の見学について>
マグロ卸売場のせり見学は、平成31年1月15日(火)から開始します。
受付等詳細については別途、お知らせいたします。


↓豊洲市場に隣接する「豊洲ぐるり公園」を走る、はじめてのマラソン大会です!

関連記事

  1. 前菜ビュッフェが大人気。気軽に通える本格イタリアン。【トラットリア ラ グロッタ】

  2. 常識をくつがえす下町割烹もんじゃ【こぼれや 結】

  3. ランチ&ディナーの読者スペシャルプラン
    【ヒルトン東京お台場 シースケープ テラス・ダイニング】

  4. ママ友の女子会などに最適。ワンちゃんとも一緒に楽しめるテラス席。
    【ヒルトン東京お台場 シースケープ テラス・ダイニング】

  5. 日本の住宅にベストマッチ“アイラーセンのソファ”【アクタス豊洲店】

  6. NYスタイルの熟成肉が自慢のアメリカンダイニング。【SHARES】